子供の絵本

娘が絵本のページを上手にめくれるようになりました


下の娘(1歳1ヶ月)が上手に絵本のページを1枚1枚めくれるようになりました。「上手だね!上手にめくれたね!」とほめると、得意げに何度もめくってくれる姿がとても可愛いです。ちょこんとお座りして、おねえちゃんの本棚から絵本を引っ張りだして飽きずにページをめくっています。絵本を小脇に抱えてヨチヨチ歩きで私のところに持ってきてくれる姿も愛おしいです。


ちょっと前までは絵本を開いて頭にかぶせたり、絵本の角でおばあちゃんをどついたりして遊んでいたので、本当に小さなことですが子供の成長を感じます。


上の子(5歳)が本のページをめくれたのは、1歳3ヶ月くらいだったと思います。やっぱり下の子の方がおねえちゃんのすることを観察して覚えるからか、出来るようになるのは早いですね。


ただ最近気になるのは、下の子がまだママしか言ってくれないことです。上の子は1歳の時には、わんわんとかアンパンマンとかパパとかの単語を話していたので、言葉の発達も子供によって違うんだなぁと改めて感じました。


上の子の時は、時間に余裕があったのでよく読み聞かせしていたからかもしれません。下の子にももっと沢山絵本を読み聞かせてあげようと思います。